今日は雨だったのですが、ママンにお願いして西条の四国鉄道文化館というところに連れて行ってもらった。これまで、ボクは主に鉄道関連の事典の写真などを参考に列車の絵を描いていましたが、これからはできるだけ本物を見ながら描く、あるいはスケッチを描いてきて時間のあるときに本体の絵を描くことにしようと思います。写真ではわからない裏側や内部構造を知っていて、その表面を描くのと、知らないで描くのとでは、絵の表現力が変わってくると思うからです。まぁ、スケッチで終わりになっちゃう絵も多いのだけれど・・・。

真也のライフブログ-My back pagesのトップページへ戻る
真也のライフブログ2のトップページへ
真也グッズの整理箱のページへ