真也のライフブログ-My back pages-

四国百名山千鳥足 改め 生まれたばかりの真也の成長を綴った日記です

今、起きた?

ねぐせでわかるでしょ。起きたばっか。

見える見えるっ!



ボクの未来が見えるぞっ。はやく大きくなりたいなぁ。きみちゃんと一緒にやきゅうやりたいなぁ。のりと一緒に山に登りたいなぁ。あれもこれもやりたいなぁ。大きくなったら、赤ちゃんだったころのこと忘れてしまうのかな。ボクは忘れないぞっ。きみちゃんのだっこが、どんなに心地よいか。きみちゃんのおっぱいがどんなにおいしいか。きみちゃんの。。あ、のりのお腹も気持ちいいよ。とにかく、赤ちゃんのころもとても気持ちいいことばかりだ。でも、はやく大きくなりたいなぁ。

ふぁーん、ねむーいにゃ。



オムツを替えてもらって、ミルクを飲むと、眠くなるんだなぁ。ちょっとひとねむりするかな。

のりに書いてもらった”命名 真也”っていう字が見えるでしょ。ヘタクソでしょ。これでも、10回くらい失敗しながら書いてたョ。だから、ゆるちてやろうかな。右にあるのは、生まれたばっかりのときの写真。へそのおがついてるでしょ。はじめて外に出てみて、びっくりして大泣きしたョ。きみちゃんもがんばったよ。このときは、のりはまだ飛行機の中。

泣いてやる、泣いてやるぞっ。



ボクは、いろんな時に大きな声で泣くことにしてる。だって、まだ言葉を覚えていないからね。おっぱいが欲しいとき、だっこして欲しいとき、おしっこもらしちゃった時、なんだか悲しくなったとき。。。。etc..
でも、自分でも良くわからないけど、大きな声で泣いたあとは気分がすっきりするんだ。きみちゃんもだっこしてくれるしね。ほらほら、今だって泣いてやる、泣いてやるぞっ!

かわいいでちょ

まだまだ、ベビー服の方が大きいなぁ。でも、すぐに大きくなってやるぞっ!ミルクをいっぱい飲んでるからね。おっぱいも、いっぱい吸ってるからね。はぁ、もう、おなかすいたぁ。


こっちの服もかわいいでちょ。毎日いろんな服がきれてうれちいな。

おうちでバンザーイ!



きみちゃんと一緒におうちに帰ってきた。おうちでバンザーイ!って寝てるじゃないのか→ボク。そうなの。寝る子は育つんだョ。

ここは、おうちだけど、きみちゃんちじゃなくて、博美さんちなんだって。博美さんは、きみちゃんのママ。ボクのおばーちゃんだョ。きみちゃんは、ボクを生むために、妊娠10ヶ月目に博美さんちに帰ってきたんだって。

ばんざーい

ボクは、ちょっと小さめに生まれたのだにゃ。病院の家族室で、きみちゃんとおねんねするのを、やっとゆるちてもらったころだョ。のりは、もう仕事にもどっちまってたョ。このころ、ボクは毎日おっぱいをすう練習をしていたんだ。ちくびをくわえただけで、気持ち良くなって寝てしまってばかりだったかなぁ。このころから、寝るときは、ばんざーいってやってたョ。

コルトレーンがちゅきっ!

ボクが生まれそうになったとき、のりは実験室で実験していたんだってさ。きみちゃんからのメールで、すぐJALの予約して、そのまま羽田から帰ってきたんだとさ。地下鉄の中でも飛行機の中でもバスの中でもタクシーの中でも、コルトレーンのマイ・フェイバリットなんとかが鳴りまくっていたんだとさ。だから、ボクもコルトレーンがちゅきっ!

はじめましてだにゃ。5

4eb89084.jpgボクの名前は真也。まこと(真)なり(也)で、シンヤとよぶんだョ。きみちゃんがつけてくれたんだ。 きみちゃんって?ボクのママだよ。ちなみに、パパはのり。

ボクはまだ、2005年の11月に生まれたばかり。これからボクの人生の大冒険が始まるんだいっ!大冒険の始めの始め、きみちゃんの子宮から出てきたばっかりの姿でご挨拶ってわけ。


紫雲出山に登ってきました。。

先日、香川県三豊郡詫間町にある紫雲出山に登ってきました。荘内半島にある浦島伝説の山です。山頂までの続く道路の途中に、竜宮トイレというのがありましたが、入ってみたかったです。

その後、半島先端の三崎にある灯台まで行ってきました。
Profile
最新記事
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ